• カテゴリー別アーカイブ 独り言
  • 降らなきゃ困る、降っても困る。

    ほんとに自然というもの、計り知れない。 そんな事は百も承知。 なのでお天気の予報も外れる時は外れる。 ああしかし、しかし、雨が降らない。 傘のマークがある。降水確率もある程度高め。 それが、いつの間にか無くなり、太陽半分雲半分のマークに変わる。何度もそれ。 とにかく降らない。 7月初めの大雨では、田んぼの水を川から引く用水路が砂利で埋まったが、それも人力で処置して解消。 その程度で済んでよかった。…


  • 炎の底力!夏休みサブミ宿泊体験2018

    昨夜は左鐙地区で「夏休みサブミ宿泊体験」っていうのがあり、 募集で参加してきた親子やら、もちろん地元の子どもたちやらで大にぎわい。 昼間は川で釣りをしたり泳いだり、ご飯を準備したり片づけたり。。。と。 皆さんお疲れのはずだが、夜のキャンプファイヤーの炎を見るとなぜか元気が出る。 何か性を感じるねえ。 昼間の暑さにごちそうさま状態のはずなのだが、キャンプファイヤーの暑さはまた意味が違うと感じる。人間…


  • 山の便り2018、7月

    ああ、暑い! 27日の鷺舞、「還幸祭」も断然暑い! 保冷剤を凍らせてタオルに包みわき腹に入れて笛を吹いて歩いた。 これは冷たくて良い。 さて、うちの稲穂も大体出揃うた。1週間くらい早いかな。 最近は朝方と夕方に草刈。 米作りではカメムシ対策で7月に一斉草刈をする。 が、一人でやるんでなかなか一斉ってことにはならん。 のり面が多い我が家の圃場、稲が植えてあるのと同じくらいの面積の草を刈る。 腰が悲鳴…


  • 季節感?

    私たちの経験から考える普通と呼べる季節感はすでに望めない世界になっているようだ。 毎年、毎年、予想出来ない事になる。 豪雨のあとは、早々と梅雨が明け、猛暑。 人間は暦を見ながら生活するので、まだなんとか暦通りに事を進めようとするが、 5日前ごろ、よその田んぼで、ごく早稲の稲の穂がすでに垂れているのを見てしまった! うちでは小豆もまだうだ植えていないと言うのに、、、。普通まだ梅雨なのよ。 普通が通用…


  • 内緒の新曲、制作再開。

    つい先日、友人宅スタジオに、内緒の新曲のミックスをしに行く。 丁度1年前ごろに録音して、大まかにミックスしたままになっていた。 ああ、実に時間は早く過ぎる。 そろそろ使う機会が訪れそうなので、頑張って進めないと! 今、二つの目的にリンクしつつあるのです。 と言ってもこれから他人を巻き込んだ、あるアイディアが浮かんでて、実現にはかなり期間が必要かな。 来年になっちゃうかも~。 うまく行けばいいなあ。…


  • 雨降り仕事

    ああ、 また雨が降る、、、。 ここ最近、2~3日晴れては雨、の繰り返し。 夜から降り出してずっと降る。結構な降雨だ。また田に水が、、、。 海よ!水蒸気を吐かないでおくれ。まだ刈りたい稲があるの~! まあ仕方ないけど、、。 雨の日には雨の日のやることがいっぱい。 頼まれてる笛の製作が進む。 複数本頼まれているが、それぞれ選べる方には選んで欲しいので、二倍以上の数を作っておきたい。 昨年から待ってもら…


  • 夏は太平洋高気圧に囲まれたい!

    今日もなんと表せばよいか分からない天気。 日がさしたり、曇ったり、小粒の雨が降ったり、風が吹いたり、バラエティー豊か。 今日はあまり気温が上がらず、残暑って感じはまるでない。とにかく梅雨。 例のミンミンゼミとツクツクボウシだが、不本意ながら(本気でしょうけど) 申し訳程度に鳴いてはいた。 ああ、太平洋高気圧の青い丸高印が見たい!そして囲まれたい! どこへ行ったやら。去年の夏も変な感じだったが今年は…


  • 梅雨のようなこの頃。

    先日せっかく、ツクツクホーシとミンミンゼミが鳴いたが、その日だけで、その後ずっと出番を失っている。 雨が降ったり止んだり、降ったり止んだり。梅雨入りしたみたいだ。 刃物の研磨でもしよう。 笛も作らなくっちゃ。 時々晴れ間に外仕事に出ては降られて濡れて帰る。 田んぼの水を止めて干す準備をしなくてはならない。 毎日10羽ばかりのツバメたちが来て電線に止まって休む。 そろそろイノシン避けの柵の点検をしな…


  • おっ?私の笛の音が!

    地元ケーブルテレビ、サンネットにちはらで、時々、近隣のケーブル局の番組を放送することがある。 何日か前の、家で、朝方だったかな? 何の気なしについていたテレビから、吹いた覚えのある笛のメロディーが聴こえる。 間違いなく私の笛の音。 なんだっけ? おお!奈都子さん! 曲名は「とおり雨」だね。 出雲ケーブルビジョンの「出雲のほそ道」っていう番組のオープニングテーマ曲になってるわけだね。 いい曲だね~…


  • 笛の製作

    このところの雨降り仕事に、 笛の製作が少し進む。 今作るのは、神楽用の指孔六つのいろいろサイズと、 竜笛の音律の出る、竜笛よりやや細めの竜笛もどき。 特別製作なのです。 しかし、年々笛製作に使える時間が減っていく。 ☆ 身体は一つ。