• カテゴリー別アーカイブ 山の便り
  • 明けましておめでとう!2021!

    我が家では正月の締め飾りは毎年手作りなんだけど、今年は新しい技を使ってボリュームアップ! なかなかいい出来栄え。 今年が良い一年になりますように! さて昨年暮れから寒気が強く、ずっと寒い。雪景色の年越しだ。で、例のホンダの除雪機「雪丸」くんを納屋から引っ張り出して試運転しとこう。エンジンスタート!と思いきや、昨シーズン使ってなかったのでなんだか調子悪い?というかまず、エンジンかからない、、。詳しい…


  • おおみそか

    あああ 今年もあとわずか。 本格的な冬型で辺りは雪で真っ白になった。雪景色の年越しになりそうだ。 年賀状も出したし、お餅もついたし、一年お世話になった軽トラも洗ったし。 毎年しめ飾りを、玄関、納屋、蔵、自動車にそれぞれ付ける。秋に稲わらをとっておいて手作りするんだけど、ちょっと遅れていてただ今作りかけ!急いで作らなきゃ! ★今夜は津和野の弥栄さんで今年最後の「大祓式」がある。県道までの坂道の雪をか…


  • 万里の長城みたいだ。

    年々増える野生動物による農地への被害。 今年を振り返ると、いろいろあった。 春には野ウサギ。夜な夜な大豆畑に入っては「黒大豆」の葉っぱを食べる。一昨年から毎年だ。 夏には猿の群れでカボチャが全滅!電柵やってたんだけど、、。 秋はムジナ(アナグマ)。これが野菜畑に入ってはミミズか何かを目当てに土を掘りまくるので、植えたばかりの野菜の苗がこてんぱん。 そしてやはりイノシシ。稲への被害はあまり無かったけ…


  • 晩秋のころ

    今年の紅葉は綺麗だ。向かいの家のイチョウの葉っぱも真っ黄色で見事だった。ハゼに掛けてあった黒大豆の取入れも済んだし、味噌の仕込みも済んだ。秋もだいたい終わりだ。相変わらず「ヒタキ刈り」(山際までの草やぶ刈り)は残っているけど。 さて、我が家の池がある内かどの軒先。薪小屋の近くの壁に古い鏡が取り付けてある。そこへ「ヒンカチ」がやって来て、映る自分が気になってやれんらしく、近づいては離れを延々と繰り返…


  • 山の便り・モズ?

    なんだか急に寒くなって、モズがやって来た。 電線に止まっては、シッポをふりふり鳴く。 大豆の収穫もまだだし、晩生の栗もまだ木の上でイガの口を開けていない。 台風はまだまだやって来るので、まだ秋だよねー。 この秋はイノシシが多いとは思っていたけど想像以上に多いのなんの! 稲刈りは極晩生種以外ほとんど終わっているので、稲への被害はあまりないんだけど、稲刈りが済んだ田んぼに出て来て大暴れ!ここ掘れブーブ…


  • 山の便りとツバメ報2020(4)

    2020年6月3日以来です。 新型コロナ関係で催しは激減で暇になったと思いきや、とてもとても忙しい。 音楽教室の移転があったので、それに伴う用事が結構たくさんあって、今もまだいろいろ抱えている、、。。 農業に至っては、降ったり照ったりが極端なために施さねばならないことが多くなってなかなか大変。 で今年はまた一段と野生動物の攻めが厳しい。 ピンとこないかも知れないけどノウサギさんが結構厄介者。植えた…


  • ツバメ報2020(3)

    ここ数年、3か所で営巣するツバメたち、今年も同じ感じなのですが、色々と変化がある。 来た日は去年と大体同じだけど、ペアが決まって営巣開始が早かった。なので一回目の巣立ちも過去(我が家での記憶の中で)一番の早さ。昨年より1週間ばかり早い。ほぼ5月末で巣立ち済。 しかし、気になるのが少子化。だや(牛んだや)のが1羽。つりや(第一車庫)のが4羽(これはまあ普通にある)。沖(第二車庫)のが2羽。気候の関係…


  • ヤイロチョウ

    ヤイロチョウという鳥をご存知でしょうか? あまり大きくない綺麗な鳥です。(是非ネットで検索を)声も綺麗。 昨年ごろにテレビで、この鳥の調査をするお方のことが放送されて、その中でこの鳥の姿と鳴き声を知ったのですが、この鳴き声は毎年夏に我が家付近の山でも聞くような聞かないような、、。記憶にあるので無意識に聞いてるんだろうと思って、今年はどうかなって、頭のすみで気にしていたところ、昨日鳴いてました。結構…


  • 山の便り5月すえ

    ああ、いろんな事で騒いでいる間に5月も終わりますね。 演奏活動は今のところ延期や中止で、今後もはっきりしないです。予定はあるけど決定スケジュールとなりません、、、。それでも音楽教室の方は新会場へ合流させて頂き、軌道に乗せつつあります! 我が家の田植えと付随する作業は大体終わり一段落。毎年のことだけど身体にこたえる。。 せどの棚田の寒ガエル(ヤマアカガエル)のオタマジャクシは2回のトラクター作業の試…


  • ツバメ報2020(2)

    新型コロナウイルスの影響で、音楽教室の運営も大変で、いろんな対応でバタバタ。イベントもどんどん中止となり、演奏の機会もなくなっています。 そんな中、とりあえず今年の稲の作付け準備は着々と進みます。深刻な状況下、食べ物だけは供給せねばとささやかながら使命感を覚えます。 このような近況を知ってか知らずか、我が家のツバメたちは例年通りの3か所で営巣。 4月中頃から抱卵中。最近になって、新参ツバメが数羽や…