• カテゴリー別アーカイブ 山の便り
  • 2019寒ガエル報、第2。

    裏の棚田の寒ガエル(ヤマアカガエル)2月1日から7日ぐらいの間におおかたの産卵が済んだ様子で、80~90個の卵塊がある。同じ所に集まって産卵するので、一か所に10から20個の卵塊の集まりがあり、そういう集りが何か所かある。単独のものもあちこちある。といった具合。卵塊は十分に水分を含むと一匹分が直径15から20センチくらいになるので20個の集まりなどはなかなかの大きさだ。その後はまた少し寒くなったの…


  • さあ、今年も寒ガエル!

     今年もカンガエル(ヤマアカガエル)の産卵の時期がやってきた。 裏の棚田の様子は、冬の降雨降雪が少なくこの季節にしては山からの水が少ない。少しずつでも早めに田に水を溜めようと去年より1週間ほど早めに溜め始め、なんとかカンガエルの産卵場も準備万端。  昨年は1月、2月と雪がよく積もったので初鳴きは2月18日ごろと遅めだったが、今年は2月1日に初鳴き。卵も確認。節分ガエル、とも言うだけあって、いいタイ…


  • とんど焼き平成31年

    平成31年( 2019年)1月12日地元のとんど焼きです。近隣3地区合同で場所は持ち回り。今年は私が暮らす地区「程彼」(ちょっと読めないでしょうけど、「ほどがの」って読みます。なまって「ほどがん」ともいう。)の「程彼集落センター」昨年はお隣地区でしたが、あまりの大雪で中止でした。今年は暖かい冬でとんど焼き当日は特に良い天気。朝から竹を切って準備。皆さんしめ飾りとお餅を持ち寄って始まり!ただでさえ少…


  • 2018年、今年もあと少し

    昨日は、近ごろ滅多に無いほどの晴天。朝から晩まで。クリスマスではあるが、日中の日向は暖かい。田んぼの秋の仕事の残りがまだ有る。我が家では「ひたき」と呼ぶ、秋に刈った、やぶの草や、のりの草を田に入れて広げる。っていうところまで何とか済ませた。トラクタ入れて一回起こしておけば最高だが今後は当分天気が良くないみたい。春にやりましょ!新春と言えば。年賀状、初詣、新年会、出初式、とんど焼き。年明けの地区の新…


  • おサルと一緒に黒大豆の取入れ。

    先週の23日の事。 沖の田んぼにハゼ場を作って干してあった黒大豆。 そろそろ乾いただろうと見に行ったら、結構な数の空のサヤがばらばらと落ちているではないか! ん~、サルね。 今年はサルが大豆ハゼに来んね、と言っていた矢先。 今朝か?昨日か? 昨日は一日留守しとったけえなあ、、、。 でも今落ちとるサヤは濡れてないし、、、やっぱり今朝? 声がする。山で、キャーとかキーとか。おるおる、団体さんだあ。 今…


  • 晩秋、山の便り。

    ヒタキ刈(田畑と山との間の藪の草刈)の真っ最中。 草も育てばでかくなる。 カラムシって言うらしいが、我が家周辺では「しろう」と呼ぶ草がある。これが相当でかくなる。 諸方(あちこち)に生えているが、毎年ひときわでかく育つ大株があって、いつか高さを測ってやろうと思いつつ、いつも忘れて無造作に刈ってしまうが、今年は危機一髪思い出し、一番高そうなのを根元から切って枝葉を除けて持ち帰る。 すぐに測ればいいも…


  • 収穫の秋2018~黒大豆。

    11月3日 黒大豆を引こう。 もう葉っぱが黄色になった。 家の近くは冬場日当たりが悪いので、沖の田んぼにハゼ場を作って大豆を干す。 稲の切り株から二番子が出て来て、既に膝丈ぐらいに伸びている。 全ての株じゃないけど、穂も出て米もついている。 毎年、稲刈りのあとはこんなふうになるが、今年は良く出来た(笑)もちろん収穫しないけど。 大豆を干すのに邪魔になるので刈ってしまおう。 この、干してある大豆を見…


  • 収穫の秋2018~スミナガラ。

    10月30日の事。晴天だが風が冷たい。 吊るし柿(干し柿)用の渋柿「スミナガラ」の収穫。 黄色の柿の表面の所どころに墨を塗ったような黒い所があるのでスミナガラって呼んでるらしい。 一本の木で100㎏ほどとれる。 ワリバサって言う、竹竿の先を二つに割った道具で枝を挟んで折って取る。 作業はもちろん上向きだ。 柿の葉越しに青い空が見える。晴天。 収穫の間に3回、飛行機を見た。かなり高い。日の光に輝いて…


  • 大豆とヒンカチとムカゴ。

    ヒンカチ(ジョウビタキ)の事は毎年話題にする。 大豆の葉っぱが黄色くなってくるころ「ヒーン、ヒーン」と、わりと近くで鳴く。 時々「カチ、カチ」と自分で相槌を打つ。 が、どこに居るのか見えない。 数分、じっとしていると、わざと(多分)わりと近くの完全に見える所に飛んで来て見せる。 あっちも「こいつ、どんな奴?」と観察するのだろう。 去年からうちの周りにオスが来るようになった。オスは綺麗だ。 腹はオレ…


  • 渓村八幡宮秋祭り!(2018)

    2018年10月21日(日) 地元、渓村八幡宮の秋祭り。 例年は土曜に設定するのですが、今年は日曜日。 20日のぼり立て、21日本祭り、22のぼり倒し。 この3日間続けて良い天気で、雨の心配なし。 私は、地区の総代と、火薬の臭いのする秋祭り実行委員会と、楽師と、巫女舞のお世話と、いろいろ色々で大忙し。 大した力仕事もしてない気がするが、筋肉痛だ。 しゃべりすぎて喉ががらがら。 本殿のお祭りも終わり…