大豆とヒンカチとムカゴ。

ヒンカチ(ジョウビタキ)の事は毎年話題にする。
大豆の葉っぱが黄色くなってくるころ「ヒーン、ヒーン」と、わりと近くで鳴く。
時々「カチ、カチ」と自分で相槌を打つ。
が、どこに居るのか見えない。
数分、じっとしていると、わざと(多分)わりと近くの完全に見える所に飛んで来て見せる。
あっちも「こいつ、どんな奴?」と観察するのだろう。

去年からうちの周りにオスが来るようになった。オスは綺麗だ。
腹はオレンジ色、背中は濃い紺色で左右に白い紋がある。
紋付を着ているみたいだ。
今年も黒大豆の葉っぱがだんだんと黄色くなって来た。
白大豆はもう抜いて、干してある。

★今ごろは、今年最後の秋の草刈。(ヒタキ刈りって言う)暇を見つけては12月中頃までやる。
取っておけるものは集めて取っておいて、田んぼに入れたり、来年の畑ものの下に敷いたり。

★今年はムカゴ(ヤマイモのつるに成る実)が少ない。
夏の猛暑の関係かな?


コメントは受け付けていません