おサルと一緒に黒大豆の取入れ。

先週の23日の事。
沖の田んぼにハゼ場を作って干してあった黒大豆。
そろそろ乾いただろうと見に行ったら、結構な数の空のサヤがばらばらと落ちているではないか!
ん~、サルね。
今年はサルが大豆ハゼに来んね、と言っていた矢先。
今朝か?昨日か?
昨日は一日留守しとったけえなあ、、、。
でも今落ちとるサヤは濡れてないし、、、やっぱり今朝?
声がする。山で、キャーとかキーとか。おるおる、団体さんだあ。
今朝じゃね。うちの大豆はうまかったかな?
多分豆一升ぐらいは食べられた感じ。
まあ今日で良かったと言えばそういう事。
あとは取り入れちゃうからね~。
もうあきらめてよそ行って~。
かくして、この日取り入れるしかなくなった私どもは、せっせと豆を家へと運び、ショモ、をするのでした。

★ショモって言葉、方言だとは思うが由来がよく分からない。当てはめる漢字が有るのか無いのかも。
収穫した後、の仕上げ、みたいなこと。芋なら泥を落として乾かすとか、豆ならサヤのぐずを飛ばしてさらにくず豆を選別するとか。


コメントは受け付けていません