よしがはら動物記、川辺。

今日は川沿いの作業道の、川上側の草刈。
川上側は夏に刈のこしがあったので草ぼうぼうだ。

実はこの頃ウリボーの2匹連れがうろうろしている。足跡やいたずらの規模から、親はいないみたいだ。はぐれたか?
今日の草刈中、この草ぼうぼうの中に寝床を見つけた。なんと農地エリア内に住んでいたとは。。。。
当然すでに姿はなく、どこへ隠れたやら。。。

いつものように川を見下ろす桜の木の下で一休み。
近くで小鳥が水浴びをはじめた。休憩中の私はぼーっとしているので、木の切り株にでも見えるのだろう。こちらを気にする様子もない。
おや?川下から(川に向かっている私の右手側から)何かが登ってくるぞ。猫ぐらい?、たぬき?
ウリボーか!、川上に向かってあんなにスイスイおよげるのか~。
私の存在を知ってか知らずか、どんどん近づく。お?ウリボーではない!ヌートリアだ!!
以前一度ここら辺で見たことがあるが、こんなにはっきり見たことはない。
3メートル眼下の川、すぐ真下を、すました面持ちで急ぐこともなくスイスイと泳いで、浅瀬ではもごもご歩き、また泳ぐ。
知識では知っていたが、前歯がオレンジ色なのがよくみえた。そして見えなくなるまで川上へ行ってしまった。
農作物を荒らしたりするらしいが、見るだけなら可愛いものだ。

お茶を飲んで、もうしばらく休む。
おっと今度は川上から帰って来たぞヌートリア!
今度は川の向こう側を左から右へ川下り。川は左側通行なのね?
またも私にはお構いなく。さよなら~。あっという間に川下へ見えなくなった。
何しに来たのかね。散歩?見回り?なんだか笑ってしまう。

重い腰を上げて残りの草を全部刈って、荷物を持って、草刈り機をかついで、さあ帰ろう!
少し上ると稲刈りが済んだ田んぼが見える。
なんとそこにはウリボー2匹がいるではないか!
さすがに歩いているので切り株には見えないらしく、おどろいてアジサイのやぶの中に大急ぎだ。

☆ あのままここのエリアで暮らしてもらっては困るのだが、どうしたものか。
冬になればまた状況も変わるだろう。


コメントは受け付けていません