初ツバメ

私がカンガエル(ヤマアカガエル)に弱いのはもうご承知の通り。
しかしもっと弱いのがツバメだ。気になって仕方がない。
ヘビにやられはしないか、カラスにやられはしないか、毎年大変!
我が家にやって来るのは3月15日ごろ。
一羽でふらっと様子を見に来る。
今年は本日、3月16日だ。
誰も気づかない日に来ているかも知れないが、それは来たと言えない。
なぜなら来た時は必ず来た事を告げる。人に見えるように飛び、気づかれるように鳴いてみせるのだ。
それをしないとむこうも来たとは言わないはずだ。
今日は朝のうち笛を作ろうと作業場へ入ってすぐに、外で何か声がしたような。
出入口のすぐ外に毎年巣をかける所がある。
出てみると、ツバメだ。
作業場へ居るのを知ってて、間違いなく私を呼んだのだ。たった一声。
しばらく近くをぐるぐる飛び回っていた。
今度は田んぼの粗代かきのころにパートナーを連れてやって来る。


コメントは受け付けていません