いい朝、いい音!

一昨日、日曜の教室の日の朝、
私にしては早起きして田んぼの(置いとけないことがあって)仕事を、薄暗いうちから2時間ばかりやった。
機械は使わない作業なので、朝の音の様子がよくわかる。
小鳥はすでにエンジン全開で各種さえずり。
そんな中、ヤマドリのドラミングの音。排気量の大きい自動二輪車のような低い音でバタバタっていうかドドドドっていうか。結構な音圧で響き渡る。
ドラミングと言えば、キツツキ。いい音させる!
コココココって。乾いた高い音で、まるで楽器レベル。というか、こっちが本物で、楽器の方が言うなれば作り物ってことか。
音をさせるところを見たことないけど、竹なのかなあ、、。よくまああんないい音のするところを見つけたものだ。キツツキはいい音がわかるんだ。

そして昨日の午前中、近くの雑木林の奥から久々に、ア~オ~、オ~ア~オ~、アオアオ~、と不気味(ってこともないけど?初めて聞くとかなり不気味?)なアオバトの鳴き声。声そのものはとても優しくて笛のようないい声なんだけど、全体にスラーがかかっていて不規則なのでなんとなく不気味な感じに聞こえる。スライドホイッスルっていうのがあるけど、あんな感じ。

それにしてもみんないい音をだすねえ。感心する。


コメントは受け付けていません