さあ、今年も寒ガエル!

 今年もカンガエル(ヤマアカガエル)の産卵の時期がやってきた。
 裏の棚田の様子は、冬の降雨降雪が少なくこの季節にしては山からの水が少ない。少しずつでも早めに田に水を溜めようと去年より1週間ほど早めに溜め始め、なんとかカンガエルの産卵場も準備万端。
 昨年は1月、2月と雪がよく積もったので初鳴きは2月18日ごろと遅めだったが、今年は2月1日に初鳴き。卵も確認。節分ガエル、とも言うだけあって、いいタイミングだ。(実際には正月前から1月前半のあったかい日に田の隅っこの水溜りで1~2匹鳴いたりしたが、早く水溜めろって事か。)
 さてこの産卵時期、タカが一羽来る。去年も来た。トンビより小さくて茶色だけど少し色が薄くて腹が白い。棚田に差し掛かる木の枝からカンガエルを狙う。この時期のこの場所を覚えているのかね。で、これをカラスが嫌って追っ払う。とにかく嫌う。カンガエルをめぐっての争いなのかどうなのか。人家の付近はカラスの縄張りじゃと言わんばかりに遠くまで追っ払うが、タカも慣れたもので忘れたころにまたやって来る。

★とりあえず今年も平和な節分が迎えられそう。
明日の夜には津和野の弥栄神社で節分祭がある。寒かろう!


コメントは受け付けていません