津和野新春・獅子舞!

2018年1月3日
津和野にて獅子舞やりました!
舞うは、楽山佳さん。一つお歳をお召しになって、御歳七十五歳!
相変わらず若々しい身のこなし。
獅子を被っての舞いは勿論、獅子から出ての曲芸がまた若々しい。
コマの様に回転したり、逆立ちしての足芸はさすが健在!

佳さん、お正月に津和野街なかでの獅子舞は2年目。
私はお囃子で昨年2月の堀庭園の催し以降、時々手伝う。お正月の門舞は初。
しかも今回は佳さんと私の二人だけ。
去年ご一緒するときは他に、口上の方、子獅子の子、太鼓の子が居て皆で5人でやっていたので、二人だけ?どうしよう?

にわかに思い立って口上も昨夜考え、鈴と笛と太鼓、を駆使した”一人お囃子”で獅子舞を盛り上げるのでした。
なんだか一つ考えついちゃった、、予感、直感?

午後から私は別の用があって、午前中に主なところ舞って回ろうっていうことになって、9:30から12:30まで、11箇所?だったかな?
その全ての門先で逆立ち芸をこなす楽山佳さんなのでした。拍手!(私も頑張ったよ〜逆立ちではないけど)。
その後急に雨が降り始め、午前中にして結果オーライだったかな。

それにしてもこうして、人の暮らしの中に混じり込んで演じる芸能、ならではの面白さ、改めて実感。でした。
いずれこの佳さんが持つ獅子頭は誰かが引き継ぐのだろうか。そうなって繋がってほしいな~。
是非とも!

☆ 改めて初春のお慶びを申し上げます!


コメントは受け付けていません